真正仏舎利を本尊とし、釈尊直税の成仏法を修行する阿含宗関東別院

東京にある関東別院

  • 2016年01月22日

関東各地の阿含宗道場を統括しているのが、東京・三田の阿含宗関東別院です。最寄りの駅はJR山手線・京浜東北線の田町駅と、地下鉄三田線・浅草線の三田駅で、ともに駅から徒歩10分という交通の便が良い距離にあります。

阿含宗関東別院では正月以外の毎月1日に「朔日縁起宝生護摩」が奉修されます(1月1日は京都の本山総本殿・釈迦山大菩提寺にて「初護摩」が営まれます)。この護摩法要は縁起を良くして運を良くすることを趣旨とするもので、早朝の開催にもかかわらず大勢が参拝に訪れます。

また毎月8日は「愛染明王祭」が開催されます。愛染明王は良縁を結び悪縁を断つ仏さまで、愛の守護仏とも称されますが、同時に天災鎮護・国家安穏のお力を振るって、国や人々をもお守りくださいます。「愛染明王祭」では本堂左手の「愛染護摩堂」において、護摩法要も奉修されますので、縁結びや悪縁切りの願いがある方は、ぜひご参拝になられることをお勧めします。

さらに毎月16日には「冥徳祭」がアゴンネットワークシステムで中継され、月末の土日に営まれる「解脱成仏法要例祭」「宝生解脱法要例祭」でも直接の護摩法要やネットワーク中継があります。

そのほか、関東別院及び所属の道場ではさまざまな行事を開催しておりますので、興味をお持ちの方は阿含宗関東別院にお問い合わせください。