真正仏舎利を本尊とし、釈尊直税の成仏法を修行する阿含宗関東別院

関東別院は阿含宗の教えを広める寺院

  • 2017年04月7日

日本にはいくつもの仏教宗旨宗派、仏教教団があり、それぞれに信仰・修行を行っておりますが、皆さまは奇妙に思われないでしょうか?
「なぜ、同じ仏教でありながら、説いている教え、実践している修行が、これほどまでにバラバラなのか? 仏教開祖のお釈迦さまは、これほど統一性のないことを説かれたのか?」
というように。

そして、
「それらの修行は、お釈迦さまの説いたものではなく、後世の人が勝手に創りだしたものだ」
と申し上げたならば、どれほど驚かれることでしょう。しかし、それは事実なのです。

日本の各宗派が依経とする経典には、
○『法華経(ほけきょう)』(天台宗・日蓮宗・日蓮正宗等)
○『華厳経(けごんぎょう)』(華厳宗)
○『大日経(だいにちきょう)』『金剛頂経(こんごうちょうぎょう)』(真言宗)
○『阿弥陀経(あみだきょう)』『無量寿経(むりょうじゅきょう)』『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』(浄土宗・浄土真宗等)
などがあり、この他にも『般若経(はんにゃきょう)』『般若心経(はんにゃしんぎょう)』『観音経(かんのんきょう)』などが有名です。

これらは総称して大乗経典と呼ばれていますが、しかし、これらはお釈迦さまが説かれたものではなく、その滅後、何百年もたってから、勝手に創作されたものなのです。ですから、そこにはお釈迦さまが説かれた、成仏法がないのです。

では、お釈迦さまの教法を伝える経典は存在しないのでしょうか?
いえ、それは確かにあります。それが『阿含経』(南伝では「パーリ五部」)です。『阿含経』のみが、お釈迦さまと直弟子たちの教法を伝える唯一の経典であり、このことは学問的に広く認められています。大学で専門の仏教学を学んだ方々ならば、誰もが承知している事実です。阿含宗はこの『阿含経』を依経とし、そこに説かれている教法を実践しているのです。

そもそも、お釈迦さまは『阿含経』で、なにを説かれたのでしょうか? それは
○教え……縁起の法
○修行……成仏法=七科三十七道品(しちかさんじゅうしちどうぼん)・四諦十二因縁瞑想法(したいじゅうにいんねんめいそうほう)
です。
この、「縁起の法」と、「四諦十二因縁の教理」については大乗経典も説きます。つまり教えだけはあるのですが、しかし純然たる修行法である、成仏法・七科三十七道品と四諦十二因縁瞑想法は説かれておらず、したがって実践もされておりません。つまり、大乗経典には、「教えはあっても本当の修行法はない」わけです。そのため、各宗派では、お釈迦さまが説いたものではない修行法を勝手に創案し、それを実践しています。ですから、各宗派で修行が異なっているわけです。

これは依経を立てていない禅宗(臨済宗・曹洞宗・黄檗宗)も同じです。これらの宗旨で実践している禅定は、『阿含経』で説かれている禅定とは、内容が大きく異なっています。

お釈迦さまの成仏法=七科三十七道品をひとことで言えば、生者も死者も成仏へと導く修行法ということになります。生者がこれを実践すれば、自らをがんじがらめに縛っているあらゆる因縁が断ち切られ、仏陀という自由自在の境界になります。これがつまり、生者の成仏です。死者の場合は自ら成仏法を実践することができませんから、成仏法を体得、あるいは実践する者が、死後に中有界(ちゅううかい)に迷う霊に対し、成仏法にのっとった供養を行うわけです。これで、死者の霊は冥界(めいかい)へと赴きます。これが死者の成仏です。

この阿含宗が奉じる真の仏法を広める、関東における拠点が東京都港区三田の阿含宗関東別院です。本当の仏道修行に興味のある方、正しい先祖供養の必要性を感じている方、そのほかさまざまな悩みに苦しんでいる方は、どうぞお気軽に阿含宗関東別院にご連絡ください。