真正仏舎利を本尊とし、釈尊直税の成仏法を修行する阿含宗関東別院

阿含宗と関東別院

  • 2017年06月6日

阿含宗には、北伝仏教の中国の僧侶も、南伝仏教のスリランカ・タイ・ミャンマーの僧侶も、東伝仏教のブータンやチベットの僧侶も訪れます。これはなぜでしょうか?

それは阿含宗が、北伝仏教・南伝仏教・東伝仏教という仏教の全系統を綜合した、完全仏教であるからです。また、釈尊のご聖骨である真正仏舎利尊を本尊とし、釈尊の教法を伝える唯一の経典・『阿含経』を依経(えきょう。よりどころとなる経典)として、さらにはそこにのみ説かれる釈尊の成仏法を実践する、由緒正しい仏教教団だからでもあります。

この完全仏教である阿含宗の修行・信仰は、人々の持つ悪い運命因子・「因縁」を断ち切り、同時に人々の霊性を呼び覚まします。人間は万物の霊長と言いますが、そこに霊性が備わっているからこそ、人間は他のアニマル・ビーストとは違う高度な叡智・道徳・精神性を持ち、文明社会を築くことができました。

しかし近年、人々は霊性を失ってしまいました。その結果、戦争や紛争をはじめとする、さまざまな社会問題に直面し、苦悩の日々を送っているわけです。したがって、それらの問題を解決し、本当に平和で豊かな未来を構築するには、人々の霊性を呼び覚まし、開顕・顕現していくしかありません。

そのためには、まず、人々が神仏へ祈りを捧げ、自らや自国の先祖に手を合わせることから始めなければいけません。そして釈尊の成仏法へと入っていき、人々の霊性は完全に復活して、仏の叡智が身に備わるのです。

そのためのシステムが、完全仏教の阿含宗にはあります。あなたが本当に社会を、世界を変えたいと願うのならば、まず自分自身を変えなければなりません。自分自身の悪い運命因子である「悪因縁」を断ち、霊性を目覚めさせることが肝要なのです。

なぜならば、社会というものは人間の集合体だからです。したがって、霊性に目覚めた悪因縁のない人で構成された社会・世界は、幸福で平和な社会・世界になり、霊性を失った悪因縁だらけの人で構成された社会・世界は、不幸で戦争・紛争だらけの世界・社会になるのです。つまり、真の平和な世界を構築するには、まず一軒一軒の家庭が、一人一人の人間が本当に幸福で高い道徳意識や精神性に満たされなければなりません。

阿含宗はそのために、一軒一軒の家庭、一人一人の人間の霊性を呼び覚まし、悪因縁を断つための活動を展開しています。

その阿含宗の関東甲信越東駿の活動拠点となるのが、東京都港区三田の「阿含宗関東別院」です。阿含宗の活動に興味のある方、霊性開顕と因縁解脱を求める方は、「阿含宗関東別院」へご連絡ください。